水まわりのリフォームで失敗しやすい3つポイント!

>

水まわりのリフォームは同時におこなうとコストダウン!

ショールームで設備機器を体験する!

設備機器類や建築建材類は、ショールームへ行けば、実物を見て体験することできます。

システムキッチンなら前に立ってキッチンカウンターの高さの確認をする、引き出しや吊戸棚実際に開けてみる、鍋を振る、食器を片づける、洗うなど動作を忘れずに試してみましょう。システムバスなら浴槽に入る、洗い場に腰かけてみる、シャワーを浴びる動作、便器には実際に座ってみる、トイレットペーパーを巻き取る、手を洗うなどの動作を確認することが大切です。

ここでは「ま、いいか」で済まされるものではありません。ちょっとした見落としが、ストレスの蓄積につながります。お金をかけてリフォームをするのですから、計画を立てて快適な空間づくりを目指しましょう!

水廻りのリフォームはできる限り同時に!

そして、設備機器に目が行きがちになりますが、周囲のことも考えなくてはなりません。つまり、キッチンスペースにおいては、冷蔵庫や食器棚、ゴミ箱を置くスペースを考慮していなかったというものです。生活するイメージを持って、リフォームを計画しましょう。

水回りのリフォームをおこなう場合は、個々のスペースを時期をずらして工事するよりも、工事の範囲のボリュームが大きくなるほど、費用の調整がしやすい傾向にあり、コストダウンにつながります。 特に浴室+洗面所+給湯器などは水まわりという関連性があるので、できるだけ同時にリフォームすることをお勧めします。

理由は単純で、一気に工事をするため、施工費が安く抑えられる、機器や建材の搬入が同時できるため、搬入費が安く抑えられるという点です。


この記事をシェアする